h1

サイトマップ
インプラント トップページへ 医院情報 アクセス

詰め物・かぶせ物の種類

インプラントとは、歯の欠損部分にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上にかぶせものをかぶせて、歯を補う治療法です。

入れ歯やブリッジと違い、周りの歯に負担をかけたり、削ったりしないので、大変快適に使用できます。




詰め物・かぶせ物の種類



 



詰め物・かぶせ物の種類

インプラントと入れ歯では主に3つの点で違いがあります。

前歯を治療する場合

インプラントは入れ歯のような異物感がまったくありません。取り外す必要も一切なく自分の歯と同じように使えるので、インプラントであることを忘れてしまうほど自然です。

3年後・5年後の変色を比較すると…



前歯を治療する場合

入れ歯は痛みを感じやすい歯茎が直接その力を支えているため、自然の歯の20%〜30%程度しか噛めません。 直接骨に固定するインプラントなら、自然の歯に匹敵する力で、しっかりと噛むことができます。

プラスチックの磨耗


前歯を治療する場合

部分入れ歯は、しっかりと固定するため、健康な歯にバネをかけて使用します。 そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまりやすいなどの欠点があります。

その点インプラントは、骨にしっかりと固定されるため、周りの歯にまったく影響を与えません。


表面の拡大写真



詰め物・かぶせ物の種類

入れ歯の治療は、使用する材料や方法により主に3つの点で違いがあります。

前歯を治療する場合

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため、厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。 金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

3年後・5年後の変色を比較すると…

3年後・5年後の変色を比較すると…



前歯を治療する場合

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。 金属床なら、たわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

プラスチックの磨耗




失ってしまった歯の治療法

★の数は比較の目安です。お口の状態によって変わる事があります



TOPへ戻る